研修旅行「台湾」 2018年6月20日(水)~23日(土)

新宿支部では初めての海外研修旅行を開催した。行先は台湾、研修テーマは『日本統治時代建築の保存と活用の現況』視察である。参加者は会員・所員・協力会員合せ、東京発27名、現地集合3名、日程は6月20日から3泊4日、台南・台北の2都市を巡った。

1日目:台南

ワールドカップ第一戦の日本勝利の喜びも冷めやらぬ20日早朝5時、羽田出発ロビー集合。
入国地の台北松山空港まで2時間50分のところを45分も早く到着。

ここから1日目の目的地、台南まで新幹線での移動となるが、発車までの待ち時間にバスで都心へ迂回。先ずは台北101(最頂部509m、屋上部449m、設計李祖原 施工熊谷組JV)の足元へ。
いつも箱型超高層ビルしか見ていない我々に、101の竹をイメージした強いフォルムが、国の代表的建築の表現として、その気概を訴えてくる。総督府、台湾大学医学部など日本時代の建築が多い地区を巡って台北駅へ。
台南までは台湾島(九州とほぼ同面積)の2/3を南下、新幹線で1時間46分、稲作地帯を通り308キロの距離を行く。台南着13:30。改札口近くまでバスがお出迎え。

先ず『林百貨』(旧林百貨店 設計梅沢捨次郎 竣工1932年 建築主:林方一 市定古蹟RC5階建て)から見学。店舗副理の曽芃茵氏の説明。暫く空きビルになっていたが2014年修復後、特産品販売施設林百貨として開業した。売場柱頭の梁との接合部がヤシの木をイメージさせるような構造表現になっていて、洗練された小物商品と相まって可愛い空間となっている。外壁のスクラッチタイルが日本の昭和初期の建物と同時代性を認識させる。

ここから海寄りの安平地区(17後半世紀以降の貿易港湾地区)へ。安平古堡(17世紀オランダ時代の城塁)、朱玖瑩先生書法展覧(書記念館)、安平樹屋(19世紀後半外国の貿易施設遺構)を見学。

16:50~17:30台南市役所へ。代理市長李孟諺氏を表敬訪問。大会議室にて代理市長、土屋支部長の挨拶交換。代理市長より坂茂氏設計の美術館建設のお話しなど、お伺いする。

19:45~21:00府城食府にて巨大な大円卓を囲み、台南市建築師公會(建築家協会)理事長葉世宗氏、台南市台日友好交流協会理事長郭貞慧氏、ほかメンバーの方々との懇親会。

林百貨 店外観

外壁スクラッチタイル

売り場の柱頭デザイン

台南市代理市長表敬訪問

台南市建築師公會懇親会

2日目:台南~台北

朝9時より『司法博物館』(旧台南地方法院 森山松之助設計 1914年竣工 二級古蹟 組積造)を見学。設計を担当された葉氏から説明を伺う。
日本時代に総督府地方法院として6つの法廷を持つ裁判所として建築され、2001年まで中華民国台南地方法院として使われていた。移転を機に保存修復工事を行い2016年から、司法博物館として公開している。
吹抜けに大きな塔を逆さに吊り、床の鏡に反射させて上空から屋根を見せる展示が記憶に残った。午前中を掛けて内外観・屋根裏と古跡図版展(蔡佰祿氏解説)の見学をした。
古蹟保存修復工事の設計は、国が組織する設計チームへの参加で、提案実現の苦労話など伺った。司法博物館の向い側に建設中の坂氏設計の美術館があり、個性的プログラムのデザインが、新名所として大いに期待される。

昼食後は“国立台湾文学館”(旧台南州庁舎 設計森山松之助 竣工1916年 市定古蹟)の見学。

午後4時過ぎ新幹線で台北へ。ホテルチェックイン後、寧夏夜市へ。
10m巾くらいの商店街の中央に2列の屋台が並ぶ。台湾では国民の7割もが3食とも外食という。こうした国民性が全国何か所もの夜市を発展させてきたのであろう。我々はその中の老舗屋台の集まる千歳宴で、皆でシェアして20種以上の料理を楽しんだ。

台湾司法博物館 ロビーで模型を見ながら説明を受ける

外観の説明を聞く

屋根裏の見学

桁行きは母屋共、追掛大栓継

ロビーでの集合写真

国立台湾文学館 北側外観

南側外部空間をアトリウム状に改修

雨の寧夏夜市

3日目:台北

午前中を掛けて保存修復工事中の国立台湾博物館鉄道部パーク『旧総督府交通局鉄道部庁舎』(設計指導:森山松之助 1919年竣工 三級古蹟 組積造一部木造2階建て)を見学する。工事現場仮囲いに大きな青図の設計図が張ってあり、文化財修復工事の情報を街に発信している。
説明案内を役所の馮佳福氏に、細部解説を逢甲大学の加藤義夫先生にお願いした。台北駅西側の淡水河寄りに位置し、1989 年まで台湾鉄路管理局が庁舎として使っていた。
2009年古蹟の指定を受け、現在、保存修復工事中で、近く博物館用途でオープンする。
文化財の位置づけのまま展示館用途にするのは、どこの国でも難しいが、ここでは重量物の展示物もあり、補強の柱・梁型のデザイン処理が難しかったとの事であった。

ここで研修は終了、以後は観光となる。
県泰豊で小籠包の昼食後、十分(シーフェン)へ向かう。十分瀑布見学、天灯(昔は谷合の村からの狼煙であった)飛ばしを体験、次に九份(ジョウフン)へ。ここは日本統治時代に大きく発展し、高い山地にある金採掘を支える街で、1970年代まで鉱山は稼働していた。千と千尋の神隠しのモデルではと言われている建物があり、急峻な斜面に等高線状に張付いた街である。

鉄道部パーク旧鉄道部庁舎 正面外観(クイーン・アン様式)

仮囲いに張られた青図

玄関ロビーの見学

工務室での説明会

改修中の2階廊下

十分 天灯飛ばし体験

九份 等高線状に丘陵に張付く集落

九份 映画モデルと言われる傾斜地の建物

4日目:台北

台北での宿泊はグランドホテル台北(旧圓山大飯店 1973年竣工)。朱色に塗り上げられた御殿のような中国風外内観の高級ホテル。
今日は最終日自由行動であるが、出かける前に全員でホテル見学。メインは階段と滑り台を併設した地下避難通路。蒋介石夫人が中心になって作ったという建物と地下通路という組み合わせがミステリアスなイメージを醸し出す。

3時ホテル出発、日本時間午後10過ぎ、全員無事羽田時到着・解散。

台湾では、今、史跡整備を着々と進め、日本統治時代(1895~1945)の建物も熱意を持って保存・修復に取り組んでいる様子を肌で感じました。最後に、旅行の企画・引率・解説をお引き受け頂いた富田家彰氏、説明や通訳など現地でお世話になった皆様にお礼を申し上げます。

グランドホテル台北(圓山大飯店) 外観

グランドホテル台北(圓山大飯店) 地下避難通路

グランドホテル台北(圓山大飯店) ロビー階段での集合写真

(文:鈴木啓二  写真撮影:土屋正 白石健次 越野明子 小松清路 鈴木啓二)

関連記事

アーカイブス

  1. 新宿区役所都市計画部建築指導課主催による「建築基準法改正等講習会」開催のご案内です。開場の都合上、新…
  2. 新宿支部では初めての海外研修旅行を開催した。行先は台湾、研修テーマは『日本統治時代建築の保存と活用の…
  3. 今日は神楽坂料亭建築と花柳界入門、花街文化を学ぶ会とて料亭(神楽坂 千月)におじゃましております…
ページ上部へ戻る