漱石山房記念館と建築巡り 2018年3月24日(土)

新宿支部では、新宿地域で活動する(公社)日本建築家協会関東甲信越支部新宿地域会と(一社)東京建築士会新宿支部の新宿設計三会主催で地域への建築を通じた貢献と親睦を図ることを目的に、「漱石山房記念館と建築巡り」と題した講演会,見学会と懇親会を平成30(2018)年3月24日(土)に行いました。

参加者の内訳は、重複を含め家協会14名,士会9名,事務所協会15名の他、新宿地域外の各会の方、市民の方であり、参加者の総勢は72名でした。

榎木地域センターでの講演風景

榎木地域センターでの講演風景

第一部は、13時から早稲田町にあります榎町地域センタ-の多目的ホ-ルを会場に、まずは新宿区文化観光産業部文化観光課の北見恭一学芸員を講師にお迎えして、「漱石ゆかりの街について」と題して講演を戴きました。
漱石と云えば松山坊っちゃんの印象は強いが、今回の主役である彼は新宿生まれであることから始まり、その生きた時代の空気感を時に笑いを交えお話しを戴きました。
引き続き、漱石山房記念館の設計者であり早稲田大学名誉教授の入江正之先生を講師にお迎えして「漱石山房記念館の建築について」と題して講演を戴きました。
先生の研究テ-マであるアントニオ・ガウディ(1852-1926)と夏目漱石(1867-1916)の生きた近代と云う共通点の話しに始まり、彼の小説が読者を「引っ張り」(吊り上げる)その言語が小説を「支えた」(支える)ことから設計のヒントを得たこと,当時の骨格の残る早稲田の街並みすべてが記念館であると捉えて設計したこと等々、これらホ-ルでの話しに加えて、漱石終焉の地に建つ漱石山房記念館(2017年)に会場を移して、小説にヒントを得たと云う内部空間の展示等について解説を頂きながら見学をしました。

漱石山房記念館の見学

漱石山房記念館の見学

早稲田大学大隈講堂前にて

早稲田大学大隈講堂前にて

第二部は、桜満開の中、漱石の父が名づけた夏目坂を上って、その小説に数多く登場する早稲田界隈を4班に分けて建築巡りです。
コ-ス途中には、関東大震災後に竣工の早稲田小学校(1928年)。 西欧古典を正しく理解したと云われる渡辺仁設計、所謂復興小学校と云われるものとは一線を画す存在感を放っていました。
皆さんの健脚のおかげで17時にゴ-ルの早稲田大学キャンパスに無事到着。 ちょうど大学の卒業式も行われていた様で老若男女問わず賑わってた中、その卒業生にお願いして大隈講堂前で記念撮影をして終了。

最後は大隈庭園を望むリ-ガロイヤルホテルでの懇親会でした。

この会を振り返り、ディテ-ルの写真を撮っておられる方,歴史的な話しに興味津々な方々、別に色分けをするつもりはありませんが、参加者それぞれのキャラクタ-が出ており、意義深い新宿設計三会のスタ-トイベントでありました。また機会を設けてこの会で何が出来るかを考え続けて参りたいと思います。

(記事・撮影:川手 謙介)

アーカイブス

  1. 新宿区役所都市計画部建築指導課主催による「建築基準法改正等講習会」開催のご案内です。開場の都合上、新…
  2. 新宿支部では初めての海外研修旅行を開催した。行先は台湾、研修テーマは『日本統治時代建築の保存と活用の…
  3. 今日は神楽坂料亭建築と花柳界入門、花街文化を学ぶ会とて料亭(神楽坂 千月)におじゃましております…
ページ上部へ戻る